スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都に料理ラボ「ねんね」できました

小さなキッチンのある空間
“ねんね”
が若い人たちの手で完成いたしました。


11.jpg


ねんねとは朝鮮の古語で、
料理を作る時に出る匂いのある煙
という意味を持つ言葉です。

ねんねは、イム チェミヨンを運営の軸とする
なすんじゃ韓国料理ラボとします。

美味しい料理や食の文化を発信する楽しい場になると思います。
ねんねはいろいろな分野のアーテイストの方々の
発表の場としても使っていただきます。

キッチンは料理教室、個人・グループの集まり、誕生日会など
さまざまな催しにお使いいただけます。
展示会などギャラリーとしてもご利用いただけます。
また、催し時のパーテイなどのお食事などのご相談を承ります。

12.jpg

5.jpg
71.jpg


京都に新しい拠点ができましたが、
東京での活動は今まで以上に幅広く頑張ります。
このような食文化料理教室を開くことができましたことは、
私を支えてくださった皆様のおかげです。
心より感謝申し上げます。

81.jpg
92.jpg


ねんねは京都駅『八条口』から歩いて3分のところにあります。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。
お待ちいたしております。


〒601- 8001 京都市南区東九条室町8番地
電話・ファックス/ 075‐662‐3648
naen_nae@major.ocn.ne.jp
imdancinghigh@ezweb.ne.jp(イム チェミヨン)
nasoonja@ezweb.ne.jp(な すんじゃ)
スポンサーサイト

テーマ : 韓国料理
ジャンル : グルメ

韓国料理ラボ@京都のおしらせ

な すんじゃの韓国料理ラボ ねんね料理教室ご案内 

な すんじゃの教室は韓国の地方料理、家庭料理、宮廷料理を中心に、
美味しく食べて健康、体にやさしい材料で作る料理です。


3-1.jpg 
 
 ● 毎月1回
  第2 週目か第3 週目(月により変動)の
 月曜日、水曜日、土曜日のいずれかにご参加いただけます。

● 12時~14時30分
  *3回共に同じメニューです。
  前月に次回の日時から参加日を選択していただきます。

● 費用
  入会費 ¥5,000
  レッスン料 ¥4,000
  2日・前日キャンセル料 ¥1,500(材料費)
 *レッスン料のみで「お試しの参加」(1名1回のみ)が可能です。
 *2009年末までは入会金無料

● 場所
  ねんね(〒601- 8001 京都市南区東九条室町8番地)
  *京都駅より徒歩3 分
   
● お問い合わせ
電話・ファックス/ 075‐662‐3648
naen_nae@major.ocn.ne.jp

テーマ : 韓国料理
ジャンル : グルメ

9月の毎月食堂@アノニマ

090930_1147~0001

9月のなすんじゃの食堂のメニューは、
・チャプチェ
・卵スープ
・キュウリとニラのキムチ
・サニーレタス生菜

↓チャプチェを作っているところです
090930_1058~0001 (1)

40名のお客様に楽しんでいただきました。
ありがとうございました!

どんどん予約数が増えていて、嬉しい限りなのですが、
慣れないため、不手際を心配しながらつくっています。


来月は話題のブゴッ汁と、キムパプ、ニラキムチのランチを楽しんでいただく予定です。

な すんじゃ


テーマ : 韓国料理
ジャンル : グルメ

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。