ガイドブックにはない韓国旅行

今回の韓国旅行で出会った料理をご紹介します。

まずは、カンジャンケジャン(蟹の醤油漬け)です。
このお店は、器も料理もなかなかで、
私はまだこのお店が小さいときからのファンなのです。
20100324 (1)
20100324 (4)


「スッヵラカフェ」をお借りしてミニ料理教室を開催しました。
テッチュ茶(なつめ)
高麗ニンジンの宮廷式生菓
ファチェ(花菜)
果物パンチ
以上数品を作ってお茶タイム。
20100324 (12)
20100324 (10)
20100324 (11)



翌日のお昼は、インサドンの「シチョンジュ」に行きました。
メニューはピビンバとテンジャンチゲ。やさしい味です。
30代の仙人のような雰囲気を持つオーナーが選んだこだわりの材料を使っています。
20100324 (8)
20100324 (9)


夜はハプッチョンにあるハノックチブ(韓国式の家)に行きました。
おばさんが一人で醤油から味噌まで作る小さな食堂。自宅がお店になっています。
いただいたのは、ポッサム(豚肉料理)、10種類の干し野菜などで食べる麦ごはん、テンジャンチゲやキムチ。
近くのおばあさんが造るマッコリも絶品です。

20100324 (14)
20100324 (13)
20100324 (17)
20100324 (18)
20100324 (19)
20100324 (20)
20100324 (21)



3日の朝にいったのは里門の「ソロンタン」。
食べ疲れた胃にやさしい、牛の骨の白濁スープにご飯を入れて、ねぎ、塩、カットギ(大根キムチ)で食べます。
20100324 (23)
20100324 (22)
20100324 (24)


今回の旅行では、モレネ、キョンドン、チュンブの3つの市場、
ホームプラスという大型ス―パに食材の買出しに行きました。
買い物三昧の3日間でした。
20100324 (27)
20100324 (7)
20100324 (6)
20100324 (5)


いえいえ、食べ物と買い物だけではありません。
歴史博物館で、とても素敵なデジタルアートをみて感激。
昨年来たときも、また別のデジタルアートに見入ってしまいましたが、
古いものをあえてデジタル化することによって、その良さに気付きます。素敵ですね。
20100324 (16)
20100324 (2)
20100324 (3)

どちらも日本のガイドブックには載っていない「韓国」です。

な すんじゃ

スポンサーサイト

テーマ : 韓国料理
ジャンル : グルメ

3月のアノニマ食堂

080814_1907~0001

毎月最終水曜日にお楽しみいただいている
アノニマスタジオでの「毎月食堂」。
3月31日は、トッポキ定食です。
ピリッと辛く甘い餅と具を炒めた料理です。
韓国の屋台の味と一味違うトッポキを召し上がっていただきます。

日時:12時~14時30分(ラストオーダー13時30分)
トッポキにスープ、キムチ一品、おにぎり(小)がつきます。
他に、伝統茶、デザートもあります。

当日も少し準備ありますが、アノニマススタジオに予約をいただけると確実です。
お待ちしています。

テーマ : 韓国料理
ジャンル : グルメ

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード