雑誌掲載のお知らせ

5月28日から販売中danchu 別冊
「何度でも作りたい絶品おつまみ365レシピ」


IMG_6994.jpg

料理教室でも教えました「トマトのナムル」のレシピが掲載されています。

また、6月6日発売の「danchu 7月号」に、夏野菜特集で夏のキムチが4ページ掲載されます。にらのキムチなど、夏にピッタリのキムチメニューです.
こちらもぜひ、ご覧下さいませ。

スポンサーサイト

「韓国ごはん韓国おかず」第2回 @アノニマ

5月29日 土曜日

アノニマスタジオ企画の料理教室
「な すんじゃさんの料理教室 韓国ごはん韓国おかず」
第2回


メニューは、
・宮廷式本格チャプチェ
・トマトのナムル


IMG_6998.jpg
IMG_6999.jpg

簡単そうに思われるチャプチェですが、実は下準備がたくさんあります。
にんじん、玉葱、しいたけ、ほうれん草、牛肉を、丁寧に細く切り揃え、それぞれをナムルにします。春雨はゆがき、炒めます。(韓国の春雨は緑豆ではなく、さつまいもから出来ています。)

その上に、細かい錦糸卵を飾ります。韓国では、このような飾り付けのことを「コミョン」といいます。
これをすることによって、これはまだ誰も手をつけていないものですよという印になるのです。

トマトのナムルは、三つ葉の軸がトマトに映えて綺麗ですね。
夏にピッタリの爽やかなナムルです。
28日に発売された「danchu 何度でも作りたい絶品おつまみ365レシピ」という本に、作り方が掲載されています。よかったらご覧になって下さい。
IMG_6995.jpg


机に並べてできあがり!
IMG_6996.jpg
みなさん、今まで食べていた油っこい、チャプチェとは大違いと喜んでいただけました。
本当の味を伝えられて、私も嬉しかったです。
韓国料理は、本来ヘルシーで韓医に基づいた合理的で、おいしい食べ物だということを、これからも発信していきたいと思います。
IMG_7000.jpg

この日は、ちょうど蔵前の地域のお祭りでした。窓の外では子供達が太鼓をドンドン。
賑やかな一日でした。
IMG_7004.jpg



テーマ : 韓国料理
ジャンル : グルメ

5月の毎月食堂「ヤンニョンチキン定食」

5月26日 水曜日

アノニマスタジオで毎月食堂のイベントをしました。

今月は「ヤンニョンチキン定食」
IMG_6978.jpg

まずは、唐揚げを揚げることからスタート。30人分以上を仕込むので、大量の鶏肉です。
IMG_6955.jpg

ジュワジュワいい音と共に、どんどん唐揚げが揚がっていきました。
部屋中が唐揚げの匂いでいっぱいに、玄関前にも伝わるほど。
IMG_6962.jpg
IMG_6956.jpg

特製のタレを絡ませてできあがりです。
IMG_6974.jpg
IMG_6968.jpg

IMG_6966.jpg
みなさんに、おいしく召し上がっていただきました。

IMG_6985.jpg

お茶は、綺麗な赤色の「キョルミョンジャ茶」。日本名は「ケツメイシ」。
目にとても良いお茶です。
IMG_6987.jpg

デザートは「ぷるぷる黒ごま」。
実は、冷やした黒ごま粥に黒糖シロップをかけたものです。
塩味、甘味と2重に楽しめるのが、黒ごま粥の良いところです。
お天気の良い日だったので、冷たいデザートがぴったりでした。

IMG_6988.jpg
今月のPankuさんのパン、塩味と甘味の2種類。
ローズマリーのフォカッチャと、ナッツとチョコのパン。どちらもおいしそうでしょ。

次回は6月30日(水)
「ウゴジスープ(すじ肉と干し野菜のスープ)」

を予定しています。
詳細は、アノニマスタジオへ。

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード