2013年冬の束草(ソクチョ)雪岳山(ソラク山)バスの旅2

雪岳山には束草の高速バスターミナルに降りて市街バスに乗り換え、道は凍って寒い
市街バスはターミナルを出てすぐの道路に面したバス停、30分に1本ぐらいだが
午後2時以降は1時間1本~所要時間約40分 
R0021307.jpg

雪岳山(ソラク山が見えてきた美しく険しい
R0021309.jpg

まず昼ごはん食べて体を温めることに、登山口の前の食堂に、
山菜ピビンパプ、美味しい
R0021310.jpg
R0021312.jpg

プゴッ汁(干しタラ)定食 温かくさっぱりとし胃がすっきり。
015_20130219113719.jpg

身体も暖まり出発、入口で待っていてくれる熊の前でまずは一枚 
017_20130219113719.jpg
R0021316.jpg

この寒い冬に昨年3月に来た時より多くの人が~そうだ今は学校の冬休み(12月末から~2月末)
R0021315.jpg

麓にあるお寺にまず行くことに、滑らないように慎重に歩きます。

2013年冬の束草(ソクチョ)雪岳山(ソラク山)バスの旅1.

昨年3月末にも旅したソクチョ雪岳山に再度訪れる旅を~
1月は本当に寒いが、ありがたいことに今日から少し緩んでいる
東バスターミナルから出発、まずチケットを買います。
R0021288.jpg

バスは1時間に1本ぐらい9:59発に乗りました。
R0021290.jpg

途中で1度休憩があります。休憩場外は雪景色 
R0021300.jpg
R0021299.jpg

ゆげもうもうトウモロコシをゆでる窯
R0021302.jpg

石焼のスルメやカワハギを焼いて売っています。今回はカワハギを買いました。
旅の楽しみは休憩場のちょこっと食べたり、その地方の特色を漂うことにあります。
R0021304.jpg

*所要時間は約三時間雪が降り道が凍っているため前回よりは30分近く時間がかかりました。
013_20130212222746.jpg

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード