スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国極寒の旅 忠清南道 舒川 ソチョンと全羅北道 群山グンサン2013年2月25~

「ソチョンのチェサパプ」チェサパプとは親族の命日を迎えるお供えの膳

新緑の季節になりましたが、2月の旅をひきつづき、お待たせいたしました。

チェサは自分の代からさかのぼり3代または4代にいたり秋のお盆正月の名節と
合わせると1年8回~10回このような行事を普通は家で行う。

膳にお供えものを準備するのは男の務め、このお家ではハラボジは息子にまかせて
時折のぞきに来ていました。糸で茹で卵を切っています。
076_20130430100935.jpg

唐辛子やニンニクなどを使わないものをお供えします。白キムチ
077_20130430100936.jpg

トンチミの汁(水キムチ)
CIMG3157.jpg

薬菓(ヤッカア)ユガ(白いふわふわしたお菓子)
079_20130430100938.jpg

ナツメとみかん
080_20130430100939.jpg

梨、リンゴ、ゆでたまご 
CIMG3160.jpg

チョグ(石モチ)
CIMG3161.jpg

モシトッ(私たちがつくったお餅)
083_20130430100940.jpg

ナムル3種 大根、トラジ(桔梗)ホウレンソウ 
CIMG3163.jpg

ゆで豚肉 
CIMG3164.jpg

豆腐の焼き物 
CIMG3167.jpg

屏風のまえに白米ごはん汁もの水が置かれています。
CIMG3171.jpg


お膳の前にお酒、線香立て、お酒を下げるやかんが置かれ
屏風に今日の祀られる方の名前を書いて貼って、祀り事が終わると燃やします。CIMG3174.jpg

チェサパプは地方や家門によって変わりますが、肉や魚、ナムル、菓子、果物置く位置は決まっています。
さあまたまた夕ご飯をいただきます。チェサパプなのでここのお家で初めての白米ごはん
おかずはお膳のお下がりお膳に別のごちそうをお腹いっぱいいただきました。
CIMG3175.jpg


本当にハルモニはじめ家族で私たちを迎えていただきカンサハンニダ
スポンサーサイト

春のソウル「熟女の結婚式」

料理行事のソウル滞在中15年前からの知人の結婚式さんか。

花嫁ケンは41歳職業は「デザイナー」私とはかなりのお付き合い、友人の家で
一緒に泊まったりご飯を食べたり遊んだり~テレビドラマの世界見たいに花嫁の部屋で。
003_20130425110019.jpg
002_20130425110018.jpg

両家は共に母親だけ、まずお母さんたちが入場。
004_20130425110021.jpg


新郎新婦入場~新郎は建築家、昨日道で出会ったときは髭むじゃでしたが今日は良い男前
優しい人だそうです。おめでとう
005_20130425110022.jpg

結婚式はどんどん進化して主礼(親しい尊敬できる人が二人の結婚の結び役をします)の方が
話しているの聞く二人を画像で映します。
007_20130425110024.jpg


入場、退場まで約30分、主礼の話、友人一人が歌を歌い、両家の親に感謝の花束で終了
010_20130425110035.jpg


終わってから、両家の親族、友人の集合写真、
014_20130425110037.jpg


花嫁からブーケを受け取るスヒャンさん今年こそは結婚?
019_20130425110038.jpg


食堂で食事をいただきます。テーブルに食事が用意されています。
なかなかのごちそうで、カルビチム、ユッケ、お造り、チャプチエ、生春巻、鮑蒸、エビ蒸、八宝菜、フルーツ、デザートのお餅やケーキはバイキングになっています。
022_20130425110040.jpg
025_20130425110041.jpg


この間やはり30分~皆適当に知らない同士でもテーブルに座り食事をして適当に帰ります
新郎ジャンバー、花嫁はチマチョゴリで友人に挨拶にきましたが、すでにほとんどが食事を済まして帰っていました。
027_20130425110050.jpg

帰ろうとして出ると入口の小部屋で民族衣装でお母さんに挨拶する行事を行っていました。
やはり韓国だ改めてケンおめでとうお幸せに。
029_20130425110052.jpg

私は結婚式に東京sさんも参加しドラマの世界を体験し楽しんでいただきました。
知らない人でも誘っていくこと多いのが韓国です。

ソウル料理イベント「マルシエ」参加

場所は大学路(テハンノ)芸術家の家(エスルヵチブ)
毎月第二日曜日11:00~16:00マルシエはソウルで昨年初めて取り組まれ
40、50、60代の女性が中心となりより良い食や(有機)手つくりのさまざま
もの発信する場をつくりました。今回参加グループは40組ぐらいです。
昨年から参加しないかのお誘いを受けて初参加しました。

場所はテハンノ大通に面しながらも静かな素敵なレトロな建物の庭を利用してテントなどを組み立て準備9:30からはじめています。
046_20130422102331.jpg
047_20130422102331.jpg
045_20130422102332.jpg

東京教室のsさんがマルシエ参加のお手伝いをしてくださり今日の「京の漬物寿司」準備。
048_20130422102047.jpg
052_20130422102330.jpg
050_20130422100619.jpg

スッカラカフエ&スンジャの漬物のお店オープン、桜茶と漬物寿司セット漬物ビン詰、
スッカラカフエは手造り味噌(日本味噌)野菜の種を売ります。
053_20130422102328.jpg
054_20130422102328.jpg
062_20130422100921.jpg

どんどん人が多くなりにぎわって子供から大人、外国人と国際色も豊かでミニライブもありで
素敵な雰囲気です。
056_20130422100648.jpg
060_20130422101203.jpg
061_20130422101213.jpg

マルシエには出店以外の運営のスタッフがさまざまな役割があります。
食べ物提供の店用に食器コップ箸などは使い捨ては一切なく、食器の
補償金を払い食べ終わると返しお金を返すシステムで、このように洗って
使い、ごみが出ないのです。
065_20130422100659.jpg

マルシエの関心ゆえに大阪から見学に来た方たち4名、なぜか私の眼鏡が気に入り
同じメガネ(色違い)作ってきたようで記念に1枚。
057_20130422102503.jpg

マルシエは今まで雨が降らなかったようですが今日は雨の予報がありながら嘘のように
お天気晴れ女の私が参加したしたからでしょうか?マルシエは毎月テーマがあります。
今回は「春」でした。楽しい一日スッカラカフエの素敵なメンバー記念写真
マルシエはどんどん発展してソウルの他の場所でも開催されていきます。
ソウルに行かれたらのぞいてみてください、素敵な空間で素敵なものを見つけてください。
064_20130422101057.jpg

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。