ソウルの春1.「お釈迦様の来る日」チョゲサ

例年にない桜が早く咲いてしまったソウルの春は昨年11月以来の
訪問です。(帰りの日が船の沈没事故でなかなかブログにアップ
できませんでした。)二度とないことを亡くなった犠牲者のかたの
ためにも祈ります。

街は5月6日「お釈迦さま日」を迎えるために提灯飾りがはじまって~
そこで仁寺洞のそばにある「チョゲサ」韓国最大の宗派お寺に行きました。
あざやかな提灯がお寺を覆い尽くしています。
チョゲサ11日~12日 024
チョゲサ11日~12日 020

奥のほうには真っ白提灯。
チョゲサ11日~12日 025


本堂の中ではお坊様の法話が始まり多くの人が聞き入っていました。
チョゲサ11日~12日 027


提灯も様々、おしゃかさまにまつわる楽しい可愛い張子など~
チョゲサ11日~12日 019

チョゲサ11日~12日 028
チョゲサ11日~12日 030
チョゲサ11日~12日 036


昨日の「お釈迦様」の日は船事故の犠牲者も含めて多くの人の冥福を祈り
平和の日々が訪れが祈られたことでしょう。
チョゲサ11日~12日 035

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード