*ねんねの2016年「遠足」西海岸ソチョン(韓山モシで有名)

*日時10月20日(木)ソウル集合(各自、ホテル飛行機チケット確保)
予定(変更がある場合もありますのでご了承願います)
21日朝9時バスにてソウル発(バスは貸切)ソチョンには約2時間30分~3時間
ハルモニのお昼ご飯、韓山モシ館、ソッコ酒つくり見学、海(スカイウオーク)
夜ご飯海産市場にて海の幸堪能ご飯、韓屋の宿泊り。
22日韓屋の宿で朝食、カルテバタ(ススキの原)、蓮根工場見学(特産物の蓮根)
午後ソウルに向かう、遅めの昼ごはん(2時30分~3時予定)八プチョン「ハノクチブ」全ての調味料はハルモニ手作り店。
ここで解散、各自ご自由に~食事4回、1泊、貸切バス2日間。

参加費は46000円予定、レートが大きく変動の場合若干変わります。
韓屋の宿泊りが部屋数に限りがあり、個室希望の方お申しでください。
基本同室にお願いすることになりますがご相談ください。
定員15名。
*各自旅行保険お入りください。各自の意思での遠足です。CIMG3095.jpg
CIMG3097.jpg
スポンサーサイト

「開城式薬菓」ねんねのお餅とお菓子教室

月に1回ですが、関心がある方方に教えることは私の学にもなります。

ケソン式薬菓と李氏朝鮮での薬菓は材料はほぼ同じと考えてください。

ケソン式の場合は型に入れず、折り重ねて正方形の型にする素朴さがあります。

写真の順の説明。

1、小麦粉と塩混ぜ、ふるいにかける。
DSCN2119.jpg

2、1に白コショウとごま油を少しづつ混ぜる
DSCN2121.jpg

3、再びふるいにかけ濾す。
DSCN2122.jpg

4、ごま油が均等に粉に混ざった状態。
DSCN2123.jpg

5、酒と蜂蜜を練り込みよく混ぜる。
DSCN2125.jpg

6、混ざった状態
DSCN2127.jpg

7、薄く小麦粉をひき、6を伸ばしやすい量
DSCN2128.jpg

8、麺棒でのばして5ミリ厚に、
DSCN2130.jpg

9、それを重ねて(3層~4層)
DSCN2131.jpg

10、食べやすい大きさに切る(正方形)
DSCN2132.jpg

11、松の実を飾る。
DSCN2137.jpg

12、水を火にかけ、蜂蜜を入れて溶かして蜂蜜シロップ作る、生姜汁を加える。
DSCN2138.jpg

13、油の温度は150℃で裏表あげる(ゆっくり)
DSCN2140.jpg

14、13、が上がれば12に浸ける。(しみこみまで約1時間)
DSCN2145.jpg

15、完成、
DSCN2143.jpg

*薬菓は伝統菓子として有名なのに、意外に嫌い、美味しくないの声が、久しぶりに作りましたが

 美味しい。

ソウルで食べてたもの 3

このゆで卵、サウナで食べている温泉卵風の茶色に茹で上がったもの

ながい韓国生活経験なのに、はじめて食べました。(なぜか?わからないが)

うーん不思議な味、燻製でもなく燻製のような硬さが印象でした。
DSCN2045.jpg


ウルチ冷麺屋、細い路地の奥にある平城冷麺の名店、この店は麺が美味しい、

茹で豚と、白菜、大根北式のの薄味キムチ、何度来ても美味しいです。

DSCN2063.jpg
DSCN2065.jpg
DSCN2066.jpg

チョンゲチョンで行われた、ソウル市主催の健康な野菜を食べるイベント参加

(イベントの正式名称は他にあります(笑))いろいろな野菜を調理して5種類の

ソースで食べる、蓮根人参など野菜だけのちらし寿司、豚しやぶが入った野菜たっぷりのサラダ。

無農薬,有機の力のある健康な野菜たち、美味しい~
DSCN2071.jpg
DSCN2073.jpg
DSCN2075.jpg
DSCN2076.jpg


そして仁川空港で帰国前に必ずと言うほど食べる「ヤンプイピビンパプ」空港の地下1階にある

軽食食堂、美味しいですよ~キムチは自分で自由に。今回はソウルなので、何度も食べた味が中心でした。
DSCN2081.jpg


7月もソウルに行きます。(お仕事???です)

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード