珍しい野菜のキムチたち:3月調布教室

更新するのが遅くなりました。
3月の調布教室のメニューには、ちょっと珍しい野菜が登場しました。

■菊芋のチャンアジ(菊芋の醤油キムチ)
■チョンガッキムチ
■コンビヂチゲ(挽き豆のチゲ)

一つ目は、菊芋のチャンアジ
菊芋は見た目はショウガに良く似ていますが、火を通すとホクホクネットリした食感になります。
この料理では火は通さず、シャリシャリとした食感を残します。
まず、皮をていねいに剥きます。
DSC_0077 (425x640) (266x400)
DSC_0073 (640x425) (400x266)

水気をきれいにふき取ります。
DSC_0078 (425x640) (266x400)

ニンニクやショウガがたっぷり入った醤油の合せ調味料に漬込みます。
漬かったら薄くスライスしていただきます。
タレをご飯にかけてもおいしいですし、ニンニクやショウガもおいしいですよ。
DSC_0081 (640x425) (400x266)

次は、チョンガッキムチ
チョンガというのは10cmくらいの小さな大根。
これを丸ごと漬込んだキムチは、日本ではあまり見ませんが、韓国ではよく食べます。
チョンガというのは、スラングで「独身男性」という意味でも使われます。
チョンガに塩をして3時間おき、洗って水気をふき取ります。
DSC_0083 (640x425) (400x266)

米粉と水を火にかけ、糊のようなものを作ります。
DSC_0089 (640x425) (400x266)
DSC_0091 (425x640) (266x400)

そこにコチュカル(粉唐辛子)などの調味料を混ぜ合わせ…
DSC_0096 (640x425) (400x266)

チョンガに塗ります。
チョンガは硬くてツルツルしているので、糊状にしないとヤンニョン(調味料)がきちんとつかないのです。
DSC_0099 (640x425) (400x266)

ヤンニョンとニラを混ぜ合わせたものでフタをするようにして漬込みます。
DSC_0101 (640x425) (400x266)
DSC_0109 (425x640) (266x400)


最後にコンビジチゲを作ります。
まず、水煮した大豆をだし汁と一緒にミキサーにかけます。
細かすぎても粗すぎても、食感が変わってしまいます。
DSC_0074 (425x640) (266x400)
DSC_0102 (425x640) (266x400)

豚肉と白菜キムチを炒めて…
DSC_0103 (425x640) (266x400)

先ほどの大豆の鍋へ…
DSC_0106 (640x425) (400x266)

味を調え、ネギを散らして出来上がり。
寒い冬に食べたい、濃厚で栄養たっぷりのチゲです。
DSC_0107 (640x425) (400x266)


おいしくできました。
DSC_0110 (425x640) (266x400)


3品とも日本では珍しい料理で、大好評でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード