「宮島紀行」

広島の宮島に着きました。
IMG_9251.jpg

宮島で素敵な朝鮮を発信しようと企画している素敵な方のお招きでした。

私の記憶の宮島は厳島神社だけでしたが、宮島の広さに驚きです。

静かな宮島は今だけで、観光客でいつも賑わっているそうですが、冷たい澄んだ空気と静けさ、山の霊気が感じられます。

大鳥居が部屋の窓から見える今日の宿は「有本」、美味しい地場のお魚や牡蠣(大好物)に仕事を忘れて楽しい旅に来たようです。
IMG_9228.jpg
IMG_9227.jpg

優しい湯に入ってお肌つるつる。
部屋に帰って寝るのが惜しく(22時)夜の大鳥居を見に行きました。
静まり返った道は真っ暗、大鳥居はライトアップされ幻想的
鳥居のそばに鷺が1匹静かに静かに水面を歩いているこのコントラストの美しさにうっとり~嬉しい夜になりました。

翌日は素晴らしい晴天、宮島の森脇水産(牡蠣場)、有機栽培農業をされている農場をお訪ねした後、宮島で一番という「ふじたや」さんの穴子飯(大好物)でお昼をいただき広島市内に移動
IMG_9243.jpg
IMG_9234.jpg
IMG_9217.jpg
IMG_9253.jpg

キッチンを見学(教室が始まる??)
お招きいただいたおっちさんの活動の場を見せていただき
さすがスタイリスト(よもぎ蒸し、マッサージ)どちらもセンスの良さに脱帽~です。
広島テレビの制作局の方々との名刺交換を終えて予定終了です。

多くの初めての方々のお会いしましたが皆さんパワフルでした。

車を出して下さった大前さん、スタッフの金さんお疲れさまでした。
広島が近いところになりました。

すんじゃ
IMG_9218.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード