韓国旅行記 夏 忠清南道 舒川(ソチョン)3

舒川に入ったのに、バスで道幅いっぱいの道でとまり終点。
高速バスターミナルは無いのです。

前をみると市内バス乗り場がある。
今までの教訓で身軽の私はバス停に。

ソチョン18 


切符売り場に入ってびっくり!
こんなのまだ残っているのか(60年の雰囲気いやもっと前~)
写真で見ると意外に綺麗に見えるが実際に見るとこのレトロに唖然。
ソチョン14 


市内バス~韓山に40分 
ソチョン15

バスが市場のバス停に止まるとおばあさんがどっとのってくる。
その上バスは止まって、つぎつぎに下りて行くのですが、バス停が無い・・・。
どうしてわかるの~ ?


ソチョン16
 

ソチョン17

旅の始まりはこのバス停のレトロ、アジュマ達の風貌から期待いっぱいになる。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード