舒川(忠清南道)とソウル美味しい物の旅「遠足」第5名所旧跡

ハルモ二の家から2~3分にあるお隣さんのハラボジは私が行くつどの
ごはんの常連さんの家を紹介いたします。

*李夏馥(イハボク)家屋:重要民俗資料第197号
韓国中部地方の伝統農家の形態をそのまま維持しながら保存された
19世紀後半ニ建てられた代表的な家屋。
母屋、舎廊房、納戸がある。
※舎廊房・・客間を兼ねた主人の書斎として使う部屋
※李夏馥(イハボク)1911.12.6~1987.12.28
早稲田大学政経学部経済科を卒業後、ポソン専門学校(現高麗大学)で在職中
1944年改名と徴用に反対して辞職し田舎に戻り、農村啓蒙活動を始めるが、
その後現在のトンガン学院の設立に携わる。
*今の主は李夏馥の息子さんで、ソウルの大学教授引退後お父様の遺業の足跡を
守りながら一人で暮らしています。
101.jpg

108.jpg

109_20120423105942.jpg

◆新城里の葦(あし)原 신성리 갈대밭
(韓国観光公社が選定した‘韓国葦7選’に選ばれる。)
残念ながら今は葦が刈り取られてまだ芽吹きがありませんがその広大さを
イメージしていただこうと~
錦江の川辺に幅200m、長さ1km以上、約6万坪に渡って広がる。
113.jpg

115.jpg

◆ 李商在先生生家址(YMCAと野球を韓国に取り入れた人) 
高宗1881年には紳士遊覧団の一員として日本に渡り
日本の新制度の視察し開化の先駆者となった。
3.1独立運動時には、秘密裏にキリスト教、天道教、仏教指導者と
会い動いたと言われている。
ヤンバンの家ながら規模の小さい質素な家がうかがい知れます。
119.jpg

120_20120423110013.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード