済州火山島の旅 自然満喫と美味しいもの 第6「漢拏山]登山

済州の真ん中に位置する漢拏山は済州島の象徴そのもので、1950mの火山地形の山一度は登りたいと思い続けた山です。中文からバスに乗り(10分)霊室(ヨンシル)コース登山口行のバスに乗ります。(1時間に1本)霊室コースは頂上には行けませんが「ウイッセオルム山荘」1700mに行くコースを登り下山はオリモクコース(霊室より距離の多いコース)を選びました。頂上コースは平均登山下山10~11時間コースになるためです。 バス停から登山口まで約2キロ(計算外でこれが結構きつい)一人で登山の人が多いのに気がつきました。アガシ[若い女性」達。
CIMG2164.jpg

登山口に唯一ある売店でお腹を少し満たすことに「ポックンパプ」おにぎりの変形のようなもの買う山に持っていけるものはこれしかない。少しピリ辛でまあいける。チョコレート、水を買い込み出発。
CIMG2165.jpg

雨が少し降り始めたが不思議にすぐ止み、歩きはじめる。
CIMG2166.jpg

火山島この山の近代の歴史を考えると胸が痛みますが、この美しい山をまづは楽しみます。チェミョンのサポートを受けて無理せず確実に歩くことに専念、1200ぐらいまで来て向こうの峰を見ると火山独特の岩肌が襞のように雄大な姿を見せ思わず歓声をあげる。登って良かった。
CIMG2170.jpg
CIMG2172.jpg

バテナイ前に休憩(登山のコツです)山の警察官がごみを拾いながら登って山の美しさを保っている。
CIMG2181.jpg

チェミョンは私の前を歩きながら私ののぼりを調整してくれる。漢拏山の頂上を背に。
CIMG2183.jpg

ウイッセオルム山荘に到着。登れました。ポックンパプと山荘で販売のカップラーメンで昼食。
CIMG2186.jpg

可愛い植物を見ながら下山「漢拏山ミナリ」の表示がある。
CIMG2190.jpg

ゴロゴロの石が下山にはこたえる。下山コースが距離が長いのは少しつらい。

かなり下になると木々の木漏れ日が美しいが、足はかなり(笑いはじめている)
CIMG2198.jpg
CIMG2201.jpg

オルモク登山口に下山(5時間30分)無事に怪我なく(途中で動けなくなった人3人を見る)バスで一緒だった人達数人の顔を見て、良いペースで成功したようだ。内心感動している私~
CIMG2202.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード