済州火山島の旅 自然満喫と美味しいもの 第17済州の美味「海鮮」

西帰補から済州市にバスで~木々が初夏の美しさ感じさせら中文、西帰補を後にする。
何日いても飽きない町です。

済州市の港に近いコンイン洞にある京都の友人がよく泊まるモーテルに泊まる。
家族で経営している古いが清潔で、親切でありがたい。

近くの海水サウナに行く、深海の海水を取り込んでいる。
とても気持ちが良い、海に囲まれた済州ならでわのだいご味です。

紹介された漁港の近くの食堂、
iphone 093

おかず、練り物、もやしナムル、豆腐焼き、大根中抜きキムチ、わかめの和え物、メンテコチユジャン和え

水刺身(ムルフエ)剣先イカの汁ものだが具が多く酒の友や、酔い覚ましに「へジャン汁」としても食べる。
風呂上りにこのさわやかな味はたまりません。美味しい~
iphone 092

中文の海鮮トッペギの口直しに「海鮮トッペギ」これで納得です。
iphone 095
iphone 096

太刀魚の塩焼き、ジューシー写真ではわからないでしょうがすごい肉厚本当に美味しい。
さすがに高い日本円で一切れ1000円します。
iphone 098

朝からずいぶん歩きまわった〆のごはんが美味しくてカンサハンニダ。

歩いて見かけたテイクアウトのお店、おしゃれな提供の仕方が流行。
iphone 091
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード