宮崎の美食「家ごはん」2

息子の家は小高い山の上、清流には車で2分、海には5分~
青島には7分という立地にあります。
019_20130826142031178.jpg
009_20130826142016d57.jpg

さっそく地の農家のキュウリ10本でキムチをつくり~
013_201308261420207db.jpg

鯵の南蛮漬け。
014_201308261420286dc.jpg

なすと豚肉ピリ辛炒め。
012_201308261420191ce.jpg


地のトマトは今はやりの甘いトマトでなく素朴な味。
015_20130826142030095.jpg


久しぶりに二男のための食事は海が見えるリビング。
011_20130826142017a51.jpg
002_20130826141957eb7.jpg


野菜が美味しいのですが~普段使う京都の野菜旨みが違うので
固さや大きさなど特徴を生かして調理してみました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード