韓国西海岸ソチョンの秋の味覚を訪ねて「チョノ祭り」コハダの旅。4

コハダとセットで良く食べる海老の塩焼きと踊り食い~
*ずいぶんご無沙汰いたしましたがなんだかバタバタとして遅くなりました。

「チョノ祭り」は13回目翌日の朝のテレビで紹介されていましたが
食べることに関しての関心は韓国の人々は貪欲です(私も~)
044_201311200825201de.jpg

海老もキロ買い水槽ですいすい泳ぐ海老をなべに華塩をひいてふたをして焼きます
ピンピンはねています。
025_2013112008253007e.jpg

ざるにピチピチの海老動き回るのを皮を取り~おどりで食べます。
海だ~しあわせ~
028_20131120082516a5d.jpg
029_20131120082518008.jpg

焼けました。至福の時間はお正月でも飲まない昼酒が美味しい(眼が回る)
031_20131120082519afa.jpg

タクシーセマウルータクシーと片道4時間往復8時間の「チョノ」の旅
ソチョンの駅からソウルへ~静かなローカル駅人影がありません。
Sさん来年も来たいと大満足の声に私も嬉しい。
045_20131120082521d43.jpg

汽車の旅と言えば「キンパプ&ビール」やっとゲットしたキンパプ(なぜかと言うと
汽車の中でキンパプ、弁当を売っていないのです。乗る前に買わないと、ソチョンのような
小さな駅では売っていないので乗る前にやっと探して買いました)
046_201311200830026da.jpg

ソウルまで爆睡でした。

*来年是非是非「チョノ祭り」秋の海の味覚をお楽しみいただきたいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード