江華の旅2日目 この旅の目的の最大の강화고인돌(江華支石墓)

-青銅器時代に作られた古代人の墓テーブル型の北方式 支石墓。
2000年ユネスコ世界遺産に登録される。
説明書きを読んでいる私達後ろに見えるのが、高さ2,6m長さ6,4m
幅5,2m。重さ約75トン。
177.jpg

支石は他のも多くあります。三差路支石群 
178.jpg


古川里支石群は江華を熟知した運転手さんのおかげで見に行けた
場所で、誰もいなくて私たちだけ、小さなものから多種のものが
見られて、貴重な体験でした。
179.jpg


支石の不思議さに魅せられ、貸し切り状態に満足しながら私達は
次の最後の制赤峰に向います。
180.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード