「マレーシアの食旅」クワラルンプール 3

jさんはインド人のマンションにシエアーゲストルームにお泊り
させていただきました。凄く立派な大きな部屋、クーラも付いて
外の暑さが嘘のよう、セントラル駅から徒歩8分、窓から景色。
DSCN0346_20150506095126a79.jpg

隣にはヒンズー教の立派なお寺(このお寺お金持ちだそうです)。

朝食はインド料理、なぜかと言うとこの一帯はインド人街なのです。
ここは行きつけだそうで、お店の前でjさんと。
DSCN0353_20150506095206ed7.jpg

バナナの葉の上に薄く焼いた焼き物、これは材料小麦粉。
DSCN0348_201505060951290ed.jpg

白いお餅のような少し厚みがある、これは米粉と豆の粉で蒸した?
DSCN0349_2015050609513137b.jpg

薄いクレープのように焼いたもの、材料は米粉と豆の粉、他のものも美味しいが
私はこれが一番気に入りました。350
DSCN0350_201505060951322aa.jpg

ソースというべきかカレーというべきか3種類。
DSCN0351_20150506095203be4.jpg

このようにソースを葉に乗せて、手でちぎってつけて食べます。
チリがきいた辛いのもあるが3種類とも美味しい、軽い朝食です。
飲み物が甘いため(すごく甘い)jさんの味見して私達は水。
DSCN0352_20150506095204fb8.jpg

手で食べる体験新鮮ですが、考えるとお寿司、サンドイッチ、パンと
実は手で食べているのですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード