「マレーシアの食旅」クワラルンプール 6 街でみる食べ物

今日の最後の予定は「国立モスク」お祈りの時間が終らないと
一般の見学ができないので時間まで街を散策(暑い~)

どこの国に居るのかわからない。
DSCN0404.jpg

鶏のつぼ焼き?、香辛料をたっぷり塗った鶏を金串にさして
壺に入れて焼いている。(昔子供のころ見たサツマイモのつぼ焼き
と同じです)インド料理です。
DSCN0402.jpg
DSCN0403.jpg

朝ごはんで食べた小麦粉の薄いお焼きの種を練っている。
DSCN0417.jpg

鉄のプレートで焼くこれは朝と同じものでクレープじょうです。
DSCN0418.jpg

具材を入れて焼きもむパターンのものもあり、客の注文で焼いてくれる。
DSCN0419.jpg

*どこかしこと屋台や小さい店先で簡単な食べ物が売られている。
 このおやきを買って夜ごはんにすることになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード