「マレーシアの食旅」10 世界遺産ペナン島 昼ごはんとホテル周辺

朝早くについて歩き疲れ、暑さに冷房のあるショッピングモールの中で
昼食~意外に食べ物の店が少ない。
お馴染みのチキンライスと海鮮練り物揚げ、涼しさにほっとして美味しく食べました。
DSCN0475.jpg
DSCN0476.jpg

ホテルに戻れる時間、部屋に落ち着きしばらく休憩、お風呂に入りすっきり、部屋からの眺め。
DSCN0477.jpg
DSCN0479.jpg

ホテルのすぐそばに有名なブルーマンシヨン、朝はわからなかったがホテルの位置はとても良い。
DSCN0480.jpg

夕方は島の巡回バスで島の街をめぐることにしました。
DSCN0486.jpg

夜の教会も素敵です。
DSCN0489.jpg

夜ごはんはブルーマンションのすぐそばの屋台村で、魚類がずらり~値段はgで
いろいろに調理してもらえる。ちなみにマナカツオだと1800円~2500円高いですね。
DSCN0483.jpg

明日は朝早くランカウイ島に移動3時間の船旅だから早めにホテルに帰ります。
ホテルにカメラを忘れ、夕食の写真がありません残念。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード