「マレーシアの食旅」12 ランカウイ島 船旅

ペナンから3時間30分自然のあふれた島

ホテルからタクシーで乗り場に船は座席指定になっている。
DSCN0503.jpg

乗船します、中はぎっしりの座席で乗客は超満員(昨日チケット買っておいてよかった)
DSCN0504.jpg
DSCN0505.jpg

ペナン島を後にして~途中でランカウイからもシュノーケルなどで行く島に寄り道。
DSCN0506.jpg
DSCN0536.jpg

島に到着、船着き場の傍はきれいな公園、しかし がらんとして人影が見えなく
静かな南国 
DSCN0571.jpg
DSCN0572.jpg

*ランカウイは今までと違い自然の中にいる雰囲気で、静かで人も少なく。さて今からがたのしみです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード