スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マレーシアの食旅」18クワラルンプール 中東料理とモノレール

クワラルンプールの銀座のような中心街にある中東料理を食べに~

モノレールは宿泊先のすぐそばに駅があります。車両は2連結から3連結で
ひじょうに混んでいます。
DSCN0600.jpg
DSCN0602.jpg

お店はとても素敵、中は全体にタイル美でシックで~
DSCN0603.jpg
DSCN0608.jpg
IMGP1050.jpg

野菜料理ですがとてもおいしい、タブーリ、フムス、フラヘル一皿で3人で
たっぷり。
DSCN0605.jpg
DSCN0606.jpg
DSCN0607.jpg

ガーリックソース添えの串焼き、羊と牛肉、ライスも美味しく大満足ながら
やはりここも甘いジュースしかなく水で我慢(暑いあ~ビールが飲みたい)
3人とも大のビール好き(ため息)今までマレーで食べたものの中で一番かな~

残り少ない時間を堪能しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。