スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全羅北道の旅3扶安群「格浦(キョッポ)」

DSCN1657.jpg

馬耳山ー鎮安ー全州ー扶安ー格浦(キョッポ)バスに乗り継ぎ。
格浦は西海岸、採石江と赤壁江、引き潮時海岸単層が数万冊の本が積みあがったように見える推積岩の名所、海の幸も満載。
こんなに乗り継いだのに奇跡的に短時間で乗り継ぎ、4時前には着きました。
DSCN1659.jpg

海岸や海を散策~今日は山から海になりました。
DSCN1660.jpg
DSCN1661.jpg
DSCN1663.jpg
DSCN1664.jpg
DSCN1665.jpg

jさん希望の造り料理、前に西海岸でカレイの刺身を食べてヒラメよりおいしいかったので店を値段交渉
DSCN1672.jpg
DSCN1673.jpg

鰈と、貝が食べたいので、貝をつけて、メウンタン(カレイのあらのピリ辛鍋)35000ウオン
DSCN1676.jpg

貝は水槽からあげて、大なべでゆで上げ、大丼、バジラック(アサリの大きい物と考えてください)ぷりぷりで美味しい最高。
DSCN1666.jpg
DSCN1667.jpg
DSCN1670.jpg

鰈は水槽からあげ、客の目の前で調理、これまた美味しい、貝も、カレイも今が旬で美味しいとおばさんの説明。
DSCN1669.jpg

メウンタンは芹が香り良くてこれまた美味しく、食べ、飲みながらここに来たことを喜び合いました。

お店はこのおばさん一人で仕切り、ほとんどの店がそのようで、かわいい孫が出入り。
DSCN1675.jpg

ごちそうさまでした。

最終バス7時50分扶安行きに乗り、約1時間真っ暗な道、乗客他に2人、Jさん私一人だと怖い~

扶安バスターミナルの近くモーテル宿泊、部屋を見せてもらい決めます。きれいで安い。バス停1分

今日は19000歩歩きました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。