スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月ソウルで食べた物。2

1、日曜に帰るhさん達との昼ごはん、「チェユクポックン」豚肉炒め定食
DSCN2029.jpg

2、キョンボックン近くの「世宗食文化道」下町です。店の外で骨付き豚のリブを焼いている。

  地元の客で混んでいる、ここだ、外で軽く焼き鉄板のせ温める感じで焼く、Kさん美味しいと絶賛。
DSCN2037.jpg
DSCN2038.jpg
DSCN2039.jpg
DSCN2041.jpg
DSCN2042.jpg

  ビールグラスが他の酒と割る線がついている。他にも入ってみたい店が数件、次回に~
DSCN2043.jpg

3、15年前から行き続ける「ハノクチブ」ポリピビンパプ(麦ごはん)久しぶり食べても味は変わらず。

  ちなみの、店のアジュマ調味料すべて手つくり、白菜のジョン、副菜
DSCN2047.jpg
DSCN2050.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。