スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東アジア日中韓食文化シンポジュウム

オープニング事業。
主題「米」家庭料理。

基調講演 佐藤洋一郎先生 人間文化機構、理事 京都府立大学和食文化研究センター特任教授
日、菜の花粥、京料理「木乃婦」3代目主人 高橋拓児氏

中、菜の花とじゃこのチャ―ハン、「京 静華」オーナシェフ

韓、コンナムルパプ 韓国料理ラボ「ねんね」なすんじゃ
 140名の参加者に 各料理を食べていただき、実感として稲作文化の共通と変化

 流れとして東アジアの長い歴史で結ばれている。

 今回の試食が伴うシンポジュウムは威儀あるものとなりました。

 作り手、食べる方方に教養があればよりその味合いが深くなるという佐藤先生の言葉が残りました。

DSCN3825.jpg
DSCN3819.jpg
DSCN3817.jpg
DSCN3815.jpg
DSCN3814.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ

記事のカテゴリー
プロフィール

な すんじゃ

Author:な すんじゃ
京都出身。在日韓国人二世。
京都家庭料理専修学校卒し
韓国王朝宮中飲食伝授機関 宮中飲食研究院を修了
(朝鮮宮廷料理第一人者ファン・へソン先生に師事)
※ファン・へソン先生とは
朝鮮王朝最後の水刺間(スラカン)で宮中料理を習得。韓国伝統郷土飲食調査事業に従事。日本と韓国の食文化の比較研究を行い、生涯を韓国料理の伝承に尽くした。「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理の監修をしたことでも知られる。

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。